初心者が日帰りでスノボを楽しむための準備

スノボの初心者が日帰りで旅行する場合、ボードやスノーボードブーツなどレンタルできるものはこれからも続けられそうだと思えるまで借りたほうが無駄がありません。

気合を入れて一式そろえたけど結局全然スノボに行かなかったとなれば、
せっかくそろえたウエアやゴーグルなどが大なしになってしまいます。

ほとんどのゲレンデはレンタルが可能なため、楽しいと思えるようになるまでは借りておくと荷物も少なくて済みます。

宿泊を伴う場合は着替えやスマートフォンの充電器など持ち物がたくさんありますが、初心者の日帰り旅行の持ち物で重要なのは免許証などの身分を証明できるものです。

レンタルするときには必ず必要になるため、忘れず持っていくようにします。ゲレンデで何度も転んでしまうのが初心者のスノボで、転ばないとうまくならないとわかっていても結構痛くて1日滑るはずが予定を切り上げることもあります。

お尻をカバーするパッドがあれば何度転んでも痛くなりにくいため、用意しておくと翌日にも響きません。

流れ止めはボードと足を結んでおく紐のことで、コースの端で休憩するときにボードだけが滑り落ちていくのを防ぐことができます。

流れ止めは大きな事故を防ぐためのスノボをするうえでのマナーです。

日帰りだから着替えを用意しないでもいいと思いがちですが、初心者はよく転ぶため結構濡れてしまいます。下着を含め1セットは着替えを用意しておくと、気持ちよく帰ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *