夏がくれば思い出す尾瀬にツアーで行きましょう

夏が来れば思い出すの出だしで有名な、「夏の思い出」という歌で歌われている事で有名な尾瀬、群馬県と福島県、新潟県と栃木県にまたがるこの土地は、今では国立公園になっています。

尾瀬は29番目に指定された、一番新しい国立公園です。国が保全する必要がある程、自然が豊かで美しい貴重な場所です。可憐な高山植物の宝庫でハイキングやトレッキングにはピッタリの場所、標高1、400mに広がる大湿原にあなたも来てみませんか。6月には歌にも歌われたミズバショウの花が咲き乱れ、7月はニッコウキスゲ、9月末は草紅葉と見どころがいっぱいです。尾瀬に訪れるツアーはたくさんあります。

東京からは日帰りのプランや山小屋に1泊2泊するプランなど多彩です。行く方法も途中まで新幹線を利用するものもあれば、夜行バスで夜出発してそのまま観光できるツアーもあります。大阪などの関西からは距離があるので、新幹線や特急電車を利用するプランが多いです。ツアーの良い所は、尾瀬の見どころを説明してもらえたり、マナーやルールなどをガイドの人に説明してもらえるところです。

動植物を持ち帰ってはいけないとか、ゴミは持ち帰らなければいけないとか、木道以外は立ち入ってはいけないなど、国立公園にはいろいろなルールがあります。ツアーに参加すればきちんとしては駄目な行動の説明や注意を受ける事ができますので、安心してハイキングする事ができます。真っ青に晴れた空の下の尾瀬は、本当に美しいです。あなたも是非お越しください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *