東京から大阪への夜行バスは翌日どう過ごすかで選ぶ

かつて夜の移動の中心は夜行列車でした。

東北や九州などに多くの寝台特急などが走っていて、翌朝早朝に就けるようになっていました。しかし今はほとんど姿を消し、その代わりに高速バスタイプの夜行バスが全国を駆け巡っています。

中でも人気なのが東京と大阪を結ぶ便です。実はこの便は昼間にも路線バスが走っていて、昼間に利用する人もいるようです。

夜のバスであれば、寝ている間に移動できるので効率的に時間を使うことができるでしょう。では東京と大阪を結ぶ夜行バスはどうやって選ぶかです。

お金のあまりない学生もいれば、それなりに余裕のある社会人もいるでしょう。お金のない人はとにかく安いタイプを選ぶでしょう。数千円程度で利用できる格安タイプなどもあります。

社会人であれば金銭的に多少余裕があります。その時は次の日にどうするかで選ぶようにします。翌日に仕事がある人、旅行のための観光をする人であればあまり疲れたくないでしょう。

ゆったりしたタイプを選べば疲れにくいです。東京と大阪を結ぶ夜行バスの利用で週末に実家に帰る目的であれば、翌日は特に用事がない人もいます。その時はバスの疲れはそれほど気になりません。

必ずしもゆったりタイプを選ぶ必要はありません。

安く利用してお金を浮かせたいなら若い人が利用する安いタイプを使えばいいですし、翌日に用事がなくてもあまり疲れたくないのであればゆったりしたタイプを選べばいいでしょう。

行きと帰りで翌日の過ごし方が変わるのであれば、それぞれでタイプの異なるバスを利用するのもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *