各ホテルが自社で予約サイトを運営する理由

ホテルを予約する際には、インターネットの宿泊予約サイトを利用するのが一般的になりつつあり、大半の人が利用しています。

宿泊予約サイトは様々な種類があり、運営している会社も多くあります。それらは全国的に知られているものから、地域に特化しているものなどそれぞれ特徴も異なります。

ホテル側としても複数のサイトに自社の情報を掲載しているところも珍しくはなく、様々な宿泊プランを掲載しています。こうした取り組みの中でホテル自体が公式ホームページを所有し、そこから予約ができるようにしているところも多くあります。

特にチェーン展開をしているところであればその傾向は強く、単に設備やサービス、アクセス情報を掲載するだけではありません。全国的に有名な宿泊予約サイトだけでも十分に稼働率を稼ぐことができる場合もあるのですが、それぞれ自社がサイトを有しているのには理由があります。

というのも、宿泊予約サイトを運営している会社によっても異なるのですが、ホテルの情報を掲載をする際は料金が掛からないものの、そのサイトを通じて予約が入った場合には宿泊料金の一部がマージンとして取られることになります。

ですが、自社サイトを通じて予約を獲得することができればマージンが掛かりませんので得ることができる利益が大きくなるのです。そのためにホテルの中にはフロントやロビーで自社サイトの宣伝をしたり、他の宿泊予約サイトよりも料金を安く設定したり、特典を付与したりと様々な取り組みが行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *