駅とバスターミナルとホテルそして鉄道会社

駅とバスターミナルとホテルについては、それぞれに利用客が存在することによって事業が成立します。

このときそれぞれを利用するお客様が、それぞれを使うことによって相乗効果を生み出すことが可能になります。例えば駅にバスターミナルを整備すると同時にホテルを併設して、相乗効果による収益を生み出していきます。

鉄道利用者がバスに乗り換えるあるいは宿泊をすることで、バスと事業者と宿泊施設は利益を得ます。この流れは鉄道会社とバス会社と宿泊施設それぞれに発生し、互いに相互作用していきます。

このときバスターミナルを設置するときには、高速バスと路線バス両方が停車できるスペースを確保しておきます。さらに駐車場を整備してホテル利用者だけでなく、鉄道利用者とバスの乗客も使えるようにしておくのです。

とりわけ鉄道とバス利用者については、所定の時間内ならば駐車料金を無料にしておきます。また宿泊施設は夜行バスを使ってきた人に対して、朝食や浴場の割引を行って利用促進につなげていきます。

なお駅とバスターミナルとホテルの相乗効果による利益確保は、鉄道会社が実施していくことができます。というのも、駅を保有しているのは鉄道会社であり他に対しては子会社の設置で行っていけます。

子会社を設置することによって、それぞれに利用客を呼び込んで設立した会社の売上を上げていきます。このように鉄道会社は本業だけでなく、子会社による売上によってさらなる収益増加を図ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *