外国人観光客のためにホテル側ができること

日本は経済大国で独自の文化を持つ国ですが、実は外国人観光客の数は他の国々よりも少ないのです。

お隣の韓国と同レベルかそれ以下なので、日本政府としても今後どのようにして外国人観光客を増やしていくかに頭を悩ませています。外国人観光客を誘致するためには、日本が持つ安全性やエンターテイメント性をしっかりと伝えていく必要があるでしょう。

また、民間レベルでも外国人観光客誘致に向けた努力をすべきだとされています。たとえば、外国人観光客が多くの時間を過ごすことになるであろうホテルでも、できることはたくさんあるのです。

外国人観光客が困らないように、さまざまな外国語ができるスタッフを揃えるのもホテルの役割だと言えるでしょう。日本の文化はなかなか馴染みがなく、理解されにくい部分があるので、相手に合わせることも必要になります。

世界には多数の宗教があって、どんな宗教の人がやってきてもトラブルのないようにしておくのが理想的です。とくに人口が爆発的に増えているイスラム教の人たちのために、牛や豚を使わない料理を出すホテルも増えてきています。

お祈りのための特別な部屋を用意するなど、どんどんと外国人観光客にやさしい国になりつつあるのが今の日本の姿です。官民両方が手を取り合って、できることからやっていくしかありません。

また、国民全体の意識を変化させることも大切になるでしょう。国民が観光客を歓迎しなければ、いい国だとは思ってもらえないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *