さまざまなホテルの種類とその特徴

出張などのビジネスでホテルを利用しようとする場合、どの宿泊施設を利用するか選択する必要があります。

「ホテル」と名の付く宿泊施設には、リゾートタイプ、シティタイプ、ビジネスタイプ、カプセルタイプなどがありますが、一般的に、ビジネスで利用しやすい施設といえば、後者の3種類のホテルと言えるでしょう。

シティタイプの施設は、通常、都心部に位置しています。宴会や式典などのイベントに対応できるような部屋や、飲食できる施設などがあり、結婚式や講演会など、宿泊以外での利用もされることが多い施設です。

ビジネスタイプの施設は、まさに、ビジネスで利用するお客様をターゲットとしている宿泊施設で、宿泊するために必要な最低限のもののみが備えられていることが多いのが特徴です。

室内には、ベッド、テレビ、シャワーなどの設備があるほか、朝食だけは宿泊費に含まれているということが多いのが一般的です。また、カプセルタイプの施設は、その名のとおり、簡易ベッドが入ったカプセル状の空間に宿泊する施設です。

各ホテルによって異なりますが、小さなテレビや照明、時計などのみがカプセル内に備えられていて、お風呂やトイレなどは、他の宿泊客と共同で使用します。大きなスペースの中で二段式に積み上げられたカプセル型の個室は、スペースが非常に狭いこともあり、宿泊費が安価である点が特徴です。それぞれの特徴を比べ、自分の希望に合ったホテルを利用するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *