国内ツアー選びのポイント

リーズナブルな国内ツアーが増え、旅先を決めてもも目移りするくらいのツアーパンフレットを抱え込みがちです。

パンフレットを見れば、どのプランも素晴らしい内容です。このパンフレットの山の中からどうやって自分に最適のプランを選ぶかには方法があります。まずは旅行代金を確認します。

無い袖は振れないので予算オーバーにならないようにしなければなりません。プランを見ると食事代などが含まれている場合と含まれていない場合がありますが、すべての料金が含まれていると判断して行います。

すべて含まれているとして予算オーバーすれば不可能だからです。次に宿泊先をチェックしておきます。格安ツアーでは、ホテルの立地が悪い場合があるからです。夕方に近場を観光しようとしても交通の便が悪く身動きが取れないこともあります。

長期ステイの場合は、観光の拠点になる宿です。アクセスは大きなポイントです。長期ステイの場合は荷物が多くなるので、宅配便などで予め荷物を送っておくと移動中は身軽に動きやすくなります。

立地条件だけでなく、部屋の確認も可能な範囲で行います。宿泊宿が大広間の雑魚寝となることや、相部屋の可能性もあります。最後に交通手段と旅程を確認します。交通手段は好みもあるので、旅程を確認する前にチェックしておきます。

土産物店にどの程度時間を割いているかの確認です。合わせて最少催行人数と移動手段を確認します。

ホテルや移動手段が未定の場合もあります。この場合は、最低ランクと考える必要があります。参加したが、予想した内容よりひどかったと後悔しないように既に決まっている内容を確認します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *