海外ツアーでのチップの払い方

日本ではほぼチップの習慣がありませんから、海外ツアーに行くとどうしても戸惑うのがチップです。

逆に気にし過ぎるあまり、過剰なチップを支払ってしまう人も少なくありません。これは習慣なのですから、いろいろと原理原則などを考えるよりは、丸覚えしてしまってそのとおりに対処するのが最も間違いが少ないです。なお、チップはスマートに渡すこととよく言われますが、スマートかどうかは別にして、渡すタイミングが重要になるときも多いです。常に現地通貨で1ドルから2ドル、1ユーロから2ユーロ程度の小銭、小額紙幣をポケットに入れておきましょう。

いちいち財布を開けて出しても全く問題のないシチュエーションもありますが、さっと出すことが必要な場合もあるからです。まずはホテルでしょう。国内でも一流ホテルに行くとポーターやベルボーイがいますが、これらの人に荷物を運んでもらったときとか、タクシーを呼んでもらったときなどは1ドルから2ドル程度を渡します。ルームサービスもチップが必要ですが、これは予め値段に加算されている場合もありますからよく注意しましょう。注文額の10%から15%程度が適当です。

ルームメイドにもチップを渡しますが、直接は渡せないでしょうから枕元においておきましょう。これも1ドルから2ドル程度です。次に問題になるのはレストランかもしれません。食事代のこれも10%から15%です。同様に初めから含まれている場合もありますから注意することが必要です。団体ツアーの場合は自由行動時を除いてあまり起こらないでしょうが、個人ツアーの場合はタクシーを利用することもあるでしょう。メーター料金の10%、スーツケースなど大型の荷物がある場合は少し多めに渡すとよいでしょう。
大阪から東京の高速バスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *