海外ツアーでの機内食のタイミング

海外ツアーで国際線に乗る場合、楽しみの一つは機内食でしょう。

ただし、タイミングに注意しておかないと満腹で食べられなかったり、あるいはツアーの目的地に着いてからの食事が喉を通らなかったということもあるかもしれませんから注意しておきましょう。国際線に乗る場合、だいたい搭乗時間が6時間を超えるような便では2回、6時間以下の便では1回の機内食が出されます。日本からの場合、東アジア及び東南アジア域内やハワイまでであれば1回、それを越える地域であれば2回と考えて間違いはないでしょう。

そして、1回目の食事はだいたい離陸から2時間後、2回目がある場合は着陸の2時間前くらいになります。これは日本時間や現地時間での食事の時刻とは何の関係もありません。そして、2回の食事が出る場合、1回目がメインとなる食事で、2回目は簡素な食事になっています。一般的には、1回目の食事は昼食や夕食といった名前が付けられ、2回目は朝食や軽食といった名前が付けられていることが多いです。

これは食事の時間もある程度は意識しているわけですが、それよりは食事の内容を意図している面が大きいです。ということで、ツアー旅行の国際線で機内食を楽しみにしている場合、例えば搭乗前の空港で満腹になるまで食べてしまうと、1回目の食事はその約2時間後ということになりますから気をつけましょう。機内食の出るタイミングを前もって計算して腹具合を調整しておく必要があるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *