ワンランク上のエコノミークラスツアー

海外ツアーでは国際線の飛行機はエコノミークラスが基本ですが、あれだけ狭いところに10時間も閉じ込められるのは厳しい、かといってビジネスクラスにするにはお金がかかり過ぎて到底手が出ないという人も多いかもしれません。

そういうツアーの場合にぜひとも検討したいのがワンランク上のエコノミークラス、通称プレミアムエコノミーです。なお、このクラスの設定がない航空会社、航空便もありますし、仮にあったとしても団体ツアーでは手配できないこともあるかもしれません。このプレミアムエコノミーは、エコノミークラスよりも座席周りがゆったりしています。一方、座席以外のサービス、機内食や預け入れ手荷物などに関しては基本的にエコノミーと同じです。

機材によって、また航空会社によっても異なりますが、例えばエコノミーでは横9列のところを横8列にしたりしています。座席の前後間隔も広く、その分リクライニング角度も深くなっています。座席の横幅、座り心地などに関しては新幹線のグリーン車に近いものがあります。ただし前後間隔はそこまで広くはありません。

先ほど述べたように、座席以外のサービスは基本的にはエコノミーと同じですが、航空会社によっては若干の差をつけているところもあります。例えば搭乗前にビジネスクラス用のラウンジが利用できるとか、飲み物のラインナップがエコノミーより充実している、アメニティポーチが配られるなどといったものです。座席数はエコノミーよりはるかに少ないものの、各社ともに力を入れているクラスかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *