ツアーに必須のスーツケースの選び方

団体ツアーでも個人ツアーでも、国内ならともかく海外ツアーならばスーツケースは必須でしょう。

もちろんあまり海外には行かないという人であればレンタルでも十分なのですが、レンタル代金も決してばかになりませんし、やはり自分で持ったほうが愛着も湧くものです。ということでスーツケースの選び方ですが、ポイントはその大きさです。大は小を兼ねるとばかりに、90リットルから100リットル程度の特大サイズを購入する人がいますが、これはあまりおすすめしません。

小さい子供のいる家族などで、子供の分も大人が持つ必要があるという人ならともかく、最大1週間程度の海外ツアーでは逆に大きすぎていろいろなところで不便が生じます。階段などはもちろんのこと、ちょっとした段差でも大変ですし、飛行機やバスなど預けられる場合はともかく、電車ではかなり困ります。自家用車でもトランクに積みきれないかもしれません。このように取り回しに苦労するということのほかにも、特大サイズには決定的な弱点があります。

それは壊れやすいことです。なお、先に断っておきますが基本的にどんなスーツケースも消耗品です。20回や30回も使えばよほどしっかりした作りの高級モデルを除いて必然的にガタが来るもので、これは致し方ありません。特大サイズの場合、使用している素材は小さいサイズのものと同じですから、本体及び中身が重くなる分だけ破損が生じやすくなるのです。ということで、70リットル程度の大サイズが取り回し、耐久性の点でもおすすめといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *