ツアーに必須のスーツケースの選び方ポイント

スーツケースはどんなツアーであっても必要でしょう。

国内の日帰りツアーならばともかく、2泊、3泊となると普通のバッグでは厳しくなります。海外ツアーならなおのことです。スーツケースを選ぶときのポイントとしては、まずはサイズがあり、2つ重要点があります。一つは飛行機の機内に持ち込めるサイズかどうか、もう一つは飛行機の受託手荷物として預けられるサイズかどうかです。航空会社によっても若干の差があるかもしれませんが、縦・横・高さの3辺の合計が115cm以内であれば機内に持ち込めます。

このサイズはスーツケースというよりはトローリーバッグと呼ばれるタイプで、容量は30リットル程度、最近ではビジネスマンの出張にもよく用いられています。次は受託手荷物として預けられるサイズかどうかです。こちらは3辺合計157cm以内です。最大サイズであれば容量90リットル程度にはなります。

これを多少超えても預けることは可能ですが、追加料金がかかります。また取り回しの点でもかなり大変になってきますから、よほどの理由がない限りこれ以下のサイズにするのが良いでしょう。サイズ以外のポイントとしては、丈夫さはもちろんのこと、軽さが挙げられるでしょう。軽いと取り回しが楽ですし、より実際的な問題としては受託手荷物の重量制限があるからです。一般的には23kgまでで、それを超えると追加料金がかかるため、本体も軽いに越したことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *