激流が連続!保津川で本格的なラフティングを楽しもう

ラフティングは複数人乗りのゴムボートに乗り、パドルを操作して急流や激流を下るスポーツでしたが、近年日本ラフティング協会が川下りの観光ツアーを催す会社を対象にトレーニングやリバーガイド認定試験を行うなどの安全確保に取り組んでいることから、人気のレジャースポーツとして普及しました。

日本では埼玉県や北海道、徳島、京都など日本各地で激流や絶景が楽しめるスポットが聖地となっています。関西圏で最も本格的なラフティングが楽しめるのが京都府にある保津川ラフティングです。思わず息を飲むほどの大小さまざまな連続した8つの激流が魅力で、約1時間半かけて5キロのコースを下っていきます。

まずは、こぐ練習から始まります。優しく、フレンドリーなガイドが丁寧な指導をしてくれるので、初心者でも安心して参加することができます。激流スポットの中にはロープを使う金岐の瀬や、保津川一の落差がある小鮎の滝など、スリルが楽しめる場所が続いています。また、下る途中には約2メートルと約3メートルほどの岩場があり、希望者は飛込みにもチャレンジすることができます。

ほかにもスイミングポイントで泳いだり、ゲームを楽しんだりと川を下るだけではなく、さまざまなアトラクションが用意されているツアーもあります。保津川のラフティングは、スリル満点の本格的な川下りが手軽に楽しめることで人気です。家族や友達、ファミリー層にも人気があり、大自然の中で最高の一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *