最近注目のファクタリングとは

最近では、売掛債権を資金に変えるファクタリングが企業経営者の中で注目を集めています。
ファクタリングとは、企業が保有する掛債権をファクタリング会社に譲渡、もしくは売却して資金化する仕組みのことを言います。

同時に、売掛先の倒産に伴う資金回収リスクとキャッシュフロー経営による企業体力向上に役立ちます。

ファクタリングの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

どの金融機関も売掛金の資金化をサポートしてくれる会社とのコネクションがあるため、取引銀行に売掛金の資金化で悩んでいると相談すれば、関連の会社を紹介してくれます。


リーマンショックによる倒産が相次ぎ、国内の景気低迷といった不況を反映して、売掛金の早期資金化に対する関心が高まっています。

ファクタリングによる資金化は、この数十年で約3倍にも膨れ上がっています。


それだけ企業経営者にとって、売掛金の回収が難しくなっているという実態を象徴しています。


また、決済の電子化が進んでいるため、電子商取引の決済システムとしてファクタリングを利用する企業が増加しています。



これは、大企業が採用すればその下請けメーカーも同様のシステムを採用しなければならず、大企業を中心に拡大の一途をたどっています。たとえば、ある大手メーカーの下請け企業はこのシステムを活用して銀行借入を完済し経営効率を高めることに成功しています。



キャッシュマネジメントが経営者に求められている昨今、キャッシュを手元に残すために売掛金の回収は非常に重要な経営課題となっています。